沿 革

昭和28年3月 創業者横山徳一が東京渋谷に研究室を開業、コントロールバルブの試作研究をはじめる
昭和32年2月 資本金100万円で株式会社組織とし、江戸川区平井2丁目に「株式会社東工研究所」を設立
昭和33年4月 特許耐酸用調節弁を開発
昭和46年9月 大阪営業所開設、関西以西に販路拡大
昭和47年8月 V-5000シリーズ発売
昭和52年12月 高圧ガス用バルブの通産大臣認定事業所となる
昭和54年9月 資本金2,000万円に増資
昭和55年10月 福島県いわき市に福島工場開設
昭和57年7月 クリーンルームを本社工場に新設、宇宙開発向けバルブ生産本格化
昭和59年4月 サービス拡充を計り「東工研エンジニアリングサービス株式会社」
(現バレックスエンジニアリング株式会社)設立
昭和63年8月 横山巖社長に就任、横山徳一会長に就任
昭和63年12月 資本金3,000万円に増資。
平成元年8月 福島工場増設・T-8000加工ライン完成
平成3年2月 グローブ調節弁生産累計10万台達成
平成4年8月 CI導入により社名変更「東工・バレックス株式会社」となる
平成10年2月 国際規格ISO9001品質マネジメントシステム認証取得事業所となる
平成12年8月 原子力燃料再処理施設に調節弁各種納入
平成13年5月 液体ヘリウム用超低温弁納入実績3,000台達成
平成13年10月 JNC向け大口径(350A)グローブ調節弁納入
平成16年4月 エコアクション21(EA21)認証・登録事業者となる
平成17年8月 製紙パルプ抄紙機ローラー保湿コントロール弁開発
平成18年6月 J-PARC ニュートリノ低温設備に液化ヘリウムガス安全弁納入
平成20年8月 横山達也社長に就任、横山巖会長に就任
平成21年7月 中国に代理店設置
平成22年6月 LNGを燃料としたロケットエンジン用バルブ開発開始
平成23年1月 当社バルブ搭載LNGロケットエンジン燃焼テスト成功
平成25年5月 上海オフィス開設